実印にふさわしい印鑑の書体とは?

実印イメージ

役所に登録できるのは一人当たり一種類の印鑑

実印を使うシチュエーションと言えば、「キチンとした公式の場」というイメージが強いのではないでしょうか。
印鑑と言えば日常的に使う機会は多いものですが、「実印」となるとそう多くはありません。

役所に登録できるのは一人当たり一種類のみ。
公的に「自分の印鑑である」と届ける、印鑑の中でも最も重要な役割を持っているものです。

複雑な印章の印鑑が選ばれる

実印を使う場としては、不動産の購入や売却、そのほか重要な書類を作成するときに、印鑑証明書とセットで使用されることとなります。
このように重要書類で使用されるだけに、実印はその辺にあるような書体、誰にでも作れそうな書体のものでは困るのです。

そのため、実印の書体は、真似のしにくい複雑な書体を選ばれる方が多いようです。
篆書体・印相体と呼ばれる書体がその「複雑な書体」のものに当たり、実印でも使われる機会の多い書体です。
これらはもともと印象として使われるために発展した書体ですので、一見「なんて書いてあるの?」と思ってしまうような複雑さがあるのも納得です。

どの印鑑を実印にすべきかは自分が気に入った物が良い

もちろん、実印の書体は、複雑で特別な書体でないといけないというわけではありません。
自分にとっての読みやすさ、わかりやすさ、愛着などを理由に、自分の好みに合う書体を選ぶケースもあります。
「ひとつだけのもの」であるだけに、気に入ったものを選ぶのが一番なのではないでしょうか。

ページの先頭へ